"スポーツ雪合戦"とは?

初心者向けのルール動画を作成しました!

1987年にチーム対抗のニュー・スポーツとしてアレンジされ、1988年に北海道壮瞥町で公式ルールが国際ルールとして制定されました。

その後、全国各地で公式ルールに則ったものはもちろん、仮装を参加条件にするといった独自ローカルルールを採用したものなど、様々な形の大会が開催されるようになりました。

大会の規模や数が増えるに伴って競技人口は増え続けており、現在では2500を超えるチームがあると云われています。

 

普通の「雪合戦」と大きく異なるのは、審判がいて勝敗条件がきちんと定められていることです。

相手チーム全員に雪玉を当てるか相手コートにあるフラッグを取るかで勝敗が決まる、という一見単純なルールですが、コート上に複数ある障害物(シェルター)があるのが特徴で、これをどう活かすかが勝敗のカギを握ります。

 

どのシェルターに何人配置するか?

ストレートで狙うかロブで狙うか?

雪玉を投げるペース配分は?

雪玉の補給路は?

 

「スポーツ雪合戦」とは、雪合戦の延長として誰でも気軽に楽しめるものであると同時に、瞬時の状況判断力とアクシデントにも動じない精神力、なによりチームワークが問われる戦術性の高いスポーツです。

 

 

How to…? スポーツ雪合戦!

 

○3セットマッチ(2本先取で勝利)

○1セット3分間

○1チーム7名~10名(選手7名+補欠2名+監督) ※監督と選手は兼任可能

○1チームにつき1セットで90球まで使用可能

 

○勝利条件

  • 相手コートにあるフラッグを抜く(相手コートに入れるのは同時3人まで)
  • 相手チーム全員に雪玉を当てアウトにする
  • 試合時間終了時点でより多くの人数が残っている

 

※服装・用具について

 ヘルメットやビブスは大会事務局が用意いたします。

 スキー靴やスパイク靴以外の動きやすい服装でご参加ください。

 

SNS

業界初?!スポーツ雪合戦LINEスタンプ

第二弾登場!!今回もニッチ街道まっしぐら!

協力・協賛

あすとろうず。

千葉レイブンズ

早稲田雪合戦の会

企画運営