妙高五人制雪合戦とは・・・

『スポーツ雪合戦は興味あるけど、7名集めるのは辛い!』という声に応える形で考案された少人数制スポーツ雪合戦です。

北海道雪合戦連盟道北支部の室内雪合戦大会のルールを基に策定されました。

投げる、避ける、走る、皆で勝利を味わう!という雪合戦の醍醐味を残しつつ、初心者や女性にもにも参加しやすい競技です!

基本的には昭和新山国際雪合戦競技規則に則って行いますが、下記の妙高五人制雪合戦特別ルールを適用します。

妙高五人制雪合戦特別ルール

0、大会形式

  1、予選リーグは1チーム2試合行い、決勝

       には、2勝のチームが進む。

       但し、決勝リーグに枠がある場合は

       1勝1敗のチームにて敗者復活戦を行い

       勝ち抜いたチームも進む事が出来る。

       なお、敗者復活戦はビクトリースロー

       (サッカーのPKの雪合戦版)で行う。

 


1、コート

右記の通り

 

2、バックラインについて

  1、バックラインは排除し選手は全員コー

       ト内に移動可能とする。

  2、スタートはエンドラインからとする。

 

3、シェルター

  1、センターシェルターはシェルター1個

       とする。

 

4、使用球

  1、球数は1セット70球とし、事前に

       雪球製造を行い、チェックを受ける。

  2、天候等により雪球製造が行えない場合

       専用のユキタノボールにて行う。


5、チーム構成

  1、登録は控え選手、監督含め9名まで。

       競技者は5名とする。

 

6、時間

  1、1セット2分とする。

 

7、フラッグ

  1、チームの旗の持ち込みは不要とする。

  2、位置は上記コート配置の通りとする


8、勝敗(ポイント)

  1、相手を全滅させると勝ち(7ポイント)

  2、相手の旗を抜くと勝ち(7ポイント)

  3、相手陣地に3人以上入ると負け

      (相手に7ポイント)

  4、予選リーグの場合、3セット終了後

       セット獲得数、ポイントが同率の場

       合はジャンケンにて勝敗を決める


9、osakini方式

  1、女性、12歳以下の子供は自軍コートの

       1シェルターまたは2シェルターから

       タートする事が出来ます。

   *通常同様エンドラインからのスタート

    でも構いません。

   *1つのシェルターにつき上限は1人です。


SNS

業界初?!スポーツ雪合戦LINEスタンプ

第二弾登場!!今回もニッチ街道まっしぐら!

協力・協賛

あすとろうず。

千葉レイブンズ

早稲田雪合戦の会

企画運営